日本の葬儀・葬儀社の仕事

日本の葬儀・葬儀社の仕事

葬儀社は葬儀のことを知り尽くしたプロフェッショナルであり、葬儀の喪主となることなど、なかなかない一般の人たちにとって、とても頼れる存在です。人はいつか必ず死ぬので、私たちは一生の内、いつか必ず葬儀社の力を借りるときがきます。
 
高齢化社会となった日本で、葬儀社の重要性は今後も増し続けるでしょう。ただ、私たちにとって葬儀社は「葬儀の流れを取り仕切る」という漠然としたイメージしかわいてきません。そこで今回は、葬儀社がいったいどんな仕事をしているのか?そして、葬儀社の役割はどんなものなのか、についてご紹介したいと思います。彼らをよく知れば知るほど、いざという時に頼れる存在だということが分かっていただけるでしょう。
 

葬儀社の仕事内容

葬儀社とは
葬儀社は、地方や形態により、担当する仕事に少し違いがありますが、大きなくくりで言えば、亡くなった方の遺体の管理、そして葬儀における一連の儀式をスムースに執り行うための、さまざまなサポートをするプロフェッショナル集団です。高齢化社会を迎え、今後ますます需要の増加が見込まれる仕事です。亡くなった人を送る、そして遺族のサポートを行う、意義深い仕事です。
 
さて、葬儀社の仕事の内容ですが、細かく分かれていて、葬儀社から外部の専門会社に仕事を依頼することも多くあります。
 
葬祭ディレクター業務
葬祭ディレクター業務は、葬儀全般を取り仕切る仕事です。葬祭ディレクターという国の資格もあり、この業界に関わる人たちの知識、そして技術のレベルの指針「葬祭ディレクター技能審査」で認定されますが、実務においてこれが必要とされるわけではありません。
 
葬祭ディレクターは、葬儀、宗教や法律、行政手続きから遺族感情に至るまで、卓越した知識を持つことが要求されます。
 
葬祭ディレクター業務の実際
葬儀の依頼を受ける
葬儀社は病院や警察と提携しています。誰かが亡くなると、これら提携先から葬儀の依頼が入ります。その後、遺体を引き取り、葬儀について遺族と話し合いをします。個人から直接依頼を受ける場合ももちろんあります。
 
お通夜の仕事
段取り・進行・あいさつ・お茶出し・お見送り
  • お通夜のための諸準備、寝台車(霊柩車)の手配、火葬の手配
  • 式場準備
  • お通夜の段取りをご遺族に説明
  • お通夜の司会進行
  • 弔問に訪れた人の案内
  • お茶くみ
  • 通夜振る舞いの手配
 
準備することの多い「お通夜」
いすや食器、座布団、スリッパなど、実は「お通夜」は意外に準備しなければならないものが多いのです。
 
また、葬儀社のスタッフは、会場入り口で弔問客の誘導と案内を行います。また、僧侶を案内する役割もあります。お通夜は通常1~2時間程度で終わり、その後に通夜振る舞いとなります。段取りを予定通りにこなすため、葬儀社の制服「黒のスーツと白手袋」とともに腕時計はスタッフの必需品となっています。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与